gtag('set', {'user_id': 'USER_ID'}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。 高性能のBTOパソコンを購入して動画のコーディング時間を短縮する

高性能のBTOパソコンを購入して動画のコーディング時間を短縮する

最近、画像よりも動画を撮る様になって、そのコーディング時間が気になっていました。

動画は主に2時間前後ですが、そのコーディングに1.4倍もの時間が掛かるので、この時間を短縮出来ないかと、コア数の多いデスクトップパソコンを購入する事にしました。

現在コーディングに使っているパソコン

  • 機器品番:デル社製 Inspiron5759(17インチ型ノートパソコン)
  • OS:Windows 10 Pro 64-bit
  • CPU:Intel Core i7 6600U @ 2.50GHz コア数 2
  • メモリ:8.00GB デュアル-Channel DDR3
  • マザーボード:Dell Inc. 05NVNV (U3E1)
  • グラフィック:Generic PnP Monitor on Intel HD Graphics 520 (1920×1080)

コーディングに掛かる時間

映像サイズフレーム数映像の時間処理時間倍率1時間の映像換算新PC処理時間
1080301分35秒0.58倍5分50秒後日掲載予定 
1080601分11秒1.18倍11分50秒後日掲載予定 
10801202分32秒2.53倍25分20秒後日掲載予定 
4K302分27秒2.45倍24分30秒後日掲載予定 
4K604分46秒4.93倍47分40秒後日掲載予定 
※映像の内容によっても処理時間が変わります。

どんなパソコンを購入すれば良いか

動画編集やそのコーディングの時間を短縮するには、コア数の多いCPUのパソコンの方が効果が高いので、特にコア数を基準に選ぶ事にしました。

今まで使っていたDELL社製のパソコンや、その他のメーカーが販売している既製品のパソコンでは、希望するスペックが見つからなかったので、スペックの変更が出来る、BTOパソコンで検討する事になりました。

ネットで調べた評判が良いBTOパソコンのメーカー

⇒ マウスコンピューター

⇒ ドスパラ

⇒ パソコン工房

4K動画の編集やコーディングに使うパソコンの必要なスペック

  • CPUは8コア以上
  • メモリーは32GB以上
  • 起動ドライブはSSDで512GB以上
  • 作業用のドライブはハードディスクで2TB位。出来ればRAID0構成。
  • モニターは4K対応(3840x2160)でサイズは30インチ位。スピーカー付き。

購入したBTOパソコンの主なスペック

  • CPU:AMD(R) Ryzen 7 1800X プロセッサー
  • メモリー:32GB
  • 起動ドライブ:M.2 SSD 512GB
  • 作業用ドライブ:2TB HDD
  • グラフィックカード:NVIDIA(R) GeForce GTX 1060 6GB GDDR5

購入先とその理由

購入先:パソコン工房

購入の理由:価格自体は上記3社とも余り変わらないが、カスタマイズが比較的自由に出来るパソコン工房を選びました。

ベースモデルは「SENSE-SVX3-R8X-RN-VEditor4K」

4K動画編集向けカスタマイズベース・ミドルタワーモデル

ベースモデル163,980円(税別)~ 

カスタマイズした部分

  • シルバーグリス Arctic Silver 5 塗布サービス[+1,380円]
  • DDR4-2400 16GB×2(デュアルチャンネル/計32GB)[+18,980円]
  • 500GB SSD [Samsung 960 EVO] / NVMe M.2[PCI Exp.3.0×4][+33,980円]
  • 2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA [+6,780円]
  • Logicool Wireless Combo MK275(無線/日本語108キー)[+3,180円]
  • ELECOM MP-114BK[ブラック][+880円]

BTOパソコン用のモニター

28インチ型だと文字が小さくなってしまうなど、口コミを参考に必須条件を満たした手軽な価格のモニターを選択しました。

必須条件
  • スピーカー付き
  • HDR対応
  • VESAマウント(壁掛け):100x100mm対応

⇒ エイサー ET322QKwmiipx [31.5型ワイド液晶ディスプレイ ホワイト]

 

8コアのBTOパソコンを2ヶ月間使って思った事

8コアのBTOパソコンを2ヶ月間使って思った事は、やはりもっとコア数の多い、例えば16コア(Ryzen Threadripper 1950X)にすれば良かったと感じています。

撮影した映像の時間が2時間という事もあり、4Kで撮影した映像のコーディングの場合には、撮影時間の約2倍のコーディング時間が掛かるので、この時間は何とかして短縮したいと考えています。

オススメのコーディング用のBTOパソコン

パソコン工房

⇒ LEVEL-FA39-LCRT5X-TNDR [Windows 10 Home]

⇒ LEVEL-GA39-LCRT5X-XNVI [Windows 10 Home]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました