gtag('set', {'user_id': 'USER_ID'}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。 アイロボット社ルンバ980のレヴュー| 賢く進化!?

アイロボット社ルンバ980のレヴュー| 賢く進化!?

今お使いのロボット掃除機で満足してますか?

スタートボタンを押すだけで室内を自動的に掃除してくれるロボット掃除機。

国内シェアでは73.6%を占めているルンバ。

多くの方がこのアイロボット社のルンバを使っていると思いますが、ルンバもグレード毎に使い勝手は異なるようです。

我が家では、現在使っているアイロボット社のルンバ(780・595・770)が古くなって来た事や機能に不満を感じてきたので、1台を新しいルンバ980に買い換えたました。

ルンバ980の良かった点や残念だと感じた点などを含めてレヴューしてみました。

※1 シード・プランニングがまとめた調査研究リポートによれば、2012年度のロボット掃除機の販売台数はおよそ38万台で、メーカー別のシェアでは73.6%に当たる28万台をアイロボット社のルンバが占めている。

ロボット掃除機ルンバの買い替えの動機

  • 今まで使ってきたルンバ(780・595・770)が古くなって来た。
  • 毎回掃除ムラが起きる。

良い点

  • 毎日、決まった時間にロボット掃除機がクリーニングしてくれるので、手動で掃除機を掛ける事は殆ど無い。
  • 2012年10月から3台のルンバを使っているが、1本のエッジクリーニングブラシを交換(770)と、バッテリーを交換(780)しただけで、故障もなく3台のルンバは稼働している。(780・595・770)
  • ルンバ本体の修理や交換部品の入手などは、ネットで探すと多くの業者が対応しているので、アイロボット社のサポートセンターへ依頼するより割安になる。
  • ルンバ780は国内正規品を買ったが、部品交換や修理などに安価で対応できる業者が幾つも存在する事が判ったので、ルンバ770とルンバ595は並行輸入品を購入した。

不満な点

  • 掃除ムラがある。
  • 複数の部屋を掃除したい。

ロボット掃除機に求める機能や条件

  • 復数の部屋をむら無く掃除ができる機能。
  • ダストボックスのゴミを捨てる回数が少ない方が良い。(ダストボックス容量が大きい)
  • 毎日決まった時間に自動で掃除を開始する機能。(予約クリーニング)
  • なるべく本体の高さが低い方が良い。(低い家具の下も掃除ができる)
  • 交換用のバッテリーやブラシなどの消耗品が安価で市販されている。
  • 販売元メーカー以外にも修理などの対応ができる業者が有る。
  • 販売元の会社自体がしかりしていて機種の廃盤や撤退等の心配がない。
  • 排気口はルンバの様に横向きよりも上向きの方がゴミを散らかさない。

⇒ アイロボット社 ルンバ

ロボット掃除機ルンバ980スペックや特徴

 

機種品番ルンバ980
発売年月2015年10月
実勢価格111,900円
サイズ

幅353mm × 高さ92mm

消費電力

33W(充電時)
充電時間

約3時間 (リチウムイオン電池)

稼動面積

最大112畳 (185?)
稼働時間最大120分(通常清掃時)

ダストBOX

横側から取り出し
予約機能曜日ごとに1日1回
排気口横向き
リモコン

スマートフォンのアプリで別の部屋や外出先にいるとき、いつでもどこでも清掃を開始できます。

アップデート

スマートフォンのアプリで対応。

ブラシの回転数やパワー制御スマートフォンのアプリで設定可能。
特徴

一度の充電で最大120分の連続運転が可能。

バッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースに戻って充電。充電後、残りのエリアの清掃を再開します。

前面

側面

センサー

カメラとフロアトラッキングセンサーなどの多彩なセンサーにより、フロア全体をナビゲーション。
ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断します。

ハウスダスト

センサー

?

床面

センサー

?

エリア

メモリー

お部屋ナビで3部屋まで対応。

※周囲のWi-Fi環境に依っては機能しない。

段差約20mm

付属品

バッテリー

ホーム ベース

デュアルバーチャルウォール×2

交換用ダストカットフィルター×2

交換用 エッジクリーニングブラシ×2

電源コード

乾電池

オプション品(アマゾンでの実勢価格)

バッテリー

価格

リチウムイオンバッテリー

(900シリーズ、885、876、875用)

12,320円

ブラシ

エッジクリーニングブラシ

1個 1,880円

掃除エリア

制限

デュアルバーチャルウォール
7,700円

⇒ ロボット掃除機 ルンバ

交換用のバッテリーは純正品の方が結局はコストが安い

ルンバを購入後から毎日1回稼働していましたが、3年4ヶ月後にバッテリーの寿命らしく稼働時間が極端に短くなりました。

そこで、少し心配でしたが口コミなどの評判が良かったので互換バッテリーを購入し、最初のうちは非常に調子が良かったのですが、5ヶ月後に急に15分間位い稼働すると「ルンバを充電して下さい」と成って止まってしまう様になりました。

購入時に付属していた純正のバッテリーだと3年4ヶ月間使えましたので、やはり純正のバッテリーを買った方が、結局はコスト的に安く上がるようです。

バッテリーの1ヶ月当たりのコスト

  • 互換バッテリー:696円(3480÷5ヶ月)
  • 純正バッテリー:270円(10800÷40ヶ月) ※アイロボットストアー価格

⇒ iRobot ルンバ用 純正バッテリー

ロボット掃除機ルンバの購入時の注意点(重要)

まず、購入時に注意したい事は「国内正規品で有ることを確認」する事です。

製品自体の金額が高いことも有りますが、ロボット掃除機ルンバの場合には海外から輸入販売している場合が少なくないからです。

国内正規品でないと、修理の際に非常に手間やコストが掛かったり、最悪の場合には修理が出来なかったり、購入費よりも多額の費用が発生する事が有るからです。

この点に付いてはくれぐれもご注意下さいね。

ロボット掃除機の購入先はアマゾンが安心できる

アマゾンが安心できるという理由は、初期不良の時や購入時の条件と異なった商品が届いた場合に、その旨をアマゾンのカスタマーセンターに申請すると即座に対応してくれるところにあります。

他のネット通販の場合は、その手続と時間が煩雑で遅く、アマゾンの様な対応の早さには遠く及ばない事を何度も経験しています。

断っておきますが、決してアマゾンのまわし者では有りませんのであしからず。(笑)

⇒ ロボット掃除機 ルンバ

ロボット掃除機ルンバの修理対応業者

2016/7/12現在「ロボット掃除機 修理」で検索すると出てきた業者

⇒ 快適Life ロボット掃除機修理王

⇒ ロボットメンテナンススタジオ

⇒ ルンバ リペア サービス

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました