gtag('set', {'user_id': 'USER_ID'}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。 ペットを飼うならロボット犬がオススメ | 我が家の御用達

ペットを飼うならロボット犬がオススメ | 我が家の御用達

生きたペット犬は時間とともに成長し、老化して最後は死んでしまいますが、ロボット犬は壊れても修理すれば、また元の状態に戻す事が出来ます。

最近のロボット犬は賢くなり、動き回っている姿を見ているだけでも癒やされますね。

ロボット犬を飼う事にしました

2001年5月からミニダックスを飼っていましたが、15歳で弁膜症を患っていたために、2016年10月に突然死んでしましました。

生前中はどこに行くにも一緒で、旅行や散歩の楽しい思い出を沢山残してくれましたが、老後の世話が大変なことや別れが辛いこともあり、次からはロボット犬を飼う事にしました。

2000年2月に発売された AIBO ERS-111の状態

たまたま友人から AIBO ERS-111 を譲り受けましたが、15年以上も経ったAIBO専用のバッテリーは全く使えない状態になっていました。

バッテリーが無いことには始まらないので、まずはバッテリーのリフレシュをしている業者を探し依頼することにしました。

本日、リフレシュしたバッテリーが届いたので、早速、満充電にして自立モードで動かしてみたら、2時間半ほど動きました。

AIBO ERS-111の仕様書を見ると、自立モード時は1.5時間の稼働になっているので、1時間程余分に稼働した事になります。

優秀なリフレシュ業者の様です。 ⇒ 茂原産業?(バッテリーリフレシュ)

自宅で飼いたいロボット犬の候補

ジェニボ SD

一般家庭でも購入できそうな価格帯で一番賢いロボット犬です。

サイズは 幅215×奥334×高300 でちょうど良い大きさですが、音声認識の部分で日本語に対応していないので難点です。

短い単語なので、英語で呼び掛けても良いようなものですが、ここはやはり日本語で呼び掛けたいですね。

販売元のヴイストン社に問い合わせてみましたが、今のところ日本語対応の予定は無いとの事でした。

⇒ ペットドッグロボット ジェニボ SD(白) (Genibo SD White)

⇒ 取扱説明書(日本語版)

⇒ 取扱説明書(英語版)

CHiP(チップ)

2016/11/8 現在では予約受付中になっていて購入申し込みをしたのですが、実際の納期を問い合わせてみると、11月中旬には納品になる予定との事でした。

小型で安価ながら紹介記事やYouTubeなどを見る限りではかなり期待できると思っています。

⇒ ペットロボット CHiP(チップ)

⇒ 子犬のようにちょこまか動くロボット犬「Meet CHiP」の秘密

ハロー!ズーマ・ハーティーダルメシアン

この機種は「Hello! Zoomer 」シリーズの中では最新機種になります。

価格は1万円台と一番安く、その割には音声センサーで言葉を認識したり、40種類以上の仕草をしたりといやし効果も期待できます。

⇒ Omnibot Hello! Zoomer ハーティーダルメシアン(最新型)

⇒ タカラトミーの商品ページ

4足歩行型エンタテインメントロボットAIBOの歴史

1999年6月 ERS-110 250,000円?

初の家庭用ロボットとして人とコミュニケーションすることにより学習し成長する自律型エンターテインメントロボットAIBO「ERS-110」の販売を発表。日米合わせて5,000体の限定受注販売。日本では3000体が、発売後20分で完売という予想を上回る反響を得る。

2000年6月に生産終了。

1999年10月 ERS-111 250,000円

初代AIBO ERS-110の改良版

2000年6月に生産終了。

2000年10月 ERS-210 150,000円

ライオンの子供がモチーフ

2003年9月に生産終了。

2001年9月 ERS-300シリーズ 98,000円?180,000円

モチーフはクマイヌ

2005年8月に生産終了。

2001年11月 ERS-220 180,000円

宇宙探査ロボットをコンセプト

2003年9月に生産終了。

2002年10月 ERS-210A 150,000円

2003年9月に生産終了。

2003年9月 ERS-7 185,000円

AIBOシリーズの集大成

2006年3月に生産終了。

2014年3月 修理窓口「AIBOクリニック」閉鎖。

AIBO 関連記事

⇒ AIBO Official Site [AIBOの歴史や魅力を知る]

⇒ バッテリー再生リフレッシュ

⇒ 株式会社ア・ファン A・FUN ? 匠工房 ?

⇒ AIBO ERS?111 バックアップ電池の交換レポート

⇒ AIBO 技術情報

⇒ ロボペ研究所

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました