gtag('set', {'user_id': 'USER_ID'}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。 DJI ゴーグル(GOGGLES) の活用方法(レヴュー)

DJI ゴーグル(GOGGLES) の活用方法(レヴュー)

いよいよ日本でもDJI ゴーグル(GOGGLES)の予約販売が開始されました。

我が家でも早速、DJI ゴーグル(GOGGLES)の予約申込を行いましたが、納品は今のところ未定の様です。

このDJI ゴーグル(GOGGLES)は、DJIドローンMAVIC PROの操縦やモニターの他、ホームシアターとしても利用できそうなので納品が楽しみです。

追記:

2017年7月19日に、ようやくDJI ゴーグル(GOGGLES)が届きました。

DJI ゴーグル(GOGGLES)の主な仕様

  • レンズ:490g
  • ストラップ:500g
  • ディスプレイ解像度:3840×1080
  • ビデオ解像度:1080dpi/30fps
  • ビデオダウンリンクの解像度:1080p30、720p60、720p30
  • 最大稼働時間:6時間
  • バッテリー容量:9440mAh
  • I/Oインターフェース:Micro USB、3.5mmオーディオジャック、HDMIタイプD、microSDカードスロット
  • HDMI対応:HDMI1.4b、HDCP1.4

DJI ゴーグル(GOGGLES) の活用方法

リモコン(マスターやスレーブ)とDJI ゴーグル(GOGGLES)の接続は、一度設定を行うと、次からは自動的に繋がりますので世話無しです。

接続順

リモコン(マスター) —> DJI ゴーグル(GOGGLES) —> リモコン(スレーブ)

DJIドローンMAVIC PRO の飛行体験を共有する

「標準モード」で飛行

操縦者は、MAVICから送られて来る空撮映像をモニター画面を見ながらリモコンで操作しますが、このモニターに映し出される映像を、DJI GOGGLES を装着した人も同時に見る事が出来ます。

DJI GOGGLES を装着した人は操縦をする必要が無いので、安心してMAVICからの映像を楽しむ事が出来ます。

  • MAVICを操縦する人
  • DJI GOGGLESで映像を見る人(空撮映像の鑑賞のみで操縦はしない)
「コーチモード」で飛行

DJI GOGGLES からの映像のみを見ながら操縦をする人は、リモコン(スレーブ設定)を操作して自分の見たいところへMAVICを飛ばす事が出来ます。

メインのリモコン(マスター設定)を持った操縦者は、いつでもMAVICを優先して操縦する事が出来るので、不慣れな操縦を常に補完する事が来ます。

  • DJI GOGGLES を装着して操縦する人(初心者など不慣れでもOK)
  • メインリモコンで操縦する人

この他にも、更にもう一人の人が DJI GOGGLE で同時に空撮映像を見る事が出来る「マルチユーザーモード」があります。

※イラストは「DJI GOGGLES ユーザーガイド」から引用しています。

⇒ DJI GOGGLES [ドローン用VRゴーグル]

⇒ DJI GOGGLES [ドローン用VRゴーグル] (安い順一覧)

ご参考までに、DJI GOGGLES の収納ケースは、分離しないでも収納できる方が使い易いです。

【ご注意】万が一、修理が必要となった場合に備えて、正規代理店が販売する「国内正規品」の「DJI GOGGLES」を購入する事をオススメします。

DJI ゴーグル(GOGGLES)をホームシアターとして利用する

  • Fire TV Stick (New モデル)と接続
  • DVDレコーダーなどの家電機器と接続

【注意】4.6mや5.0mのMicro HDMIケーブルは、DVDレコーダーなどの家電機器では使えましたが、DJI ゴーグルでは使えませんでした。

⇒ Fire TV Stick (New モデル)

⇒ Micro HDMI to HDMI ( タイプD to タイプA ) 変換 ケーブル 3.0m

 

⇒ DJI ゴーグル(GOGGLES)の紹介映像(5’02”)

⇒ DJI ゴーグル(GOGGLES)の製品情報

⇒ DJI Goggles ユーザーマニュアル(日本語版)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました