SJCAM SJ7はスポーツの撮影にオススメの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アクションカム は画角変更が可能

アクションカム SJCAM 7 は、小型軽量で価格も比較的安く、画角を「広い・中間・狭い」の3種類から選べるので、被写体の状態に合わせて撮影する事が可能です。

また、色味も特に調整する事をしなくても、実際の色彩に合った丁度良い色味になります。

特に体育館などの室内で照明を利用している場合などでも、フリッカーの影響を受けないところが気に入っています。

因みに Hero 7 では、4K30fpsなどで撮影していると、もろにフリッカーの影響を受けて画面がチカチカするので、どうしても Hero 7 で撮影しなければならない時には、ビデオ形式をPALに変更(4K25fps)してから撮影する様にしています。

蛍光灯フリッカー現象(ちらつき)の対策

今までに使ってきた「FDR-40X、GoPro Hero 6、GoPro Hero 7、SJ8、SJ7、、Muson、」の中で、GoPro  以外の下記機種は問題ありませんでしたが、照明の電源周波数が東日本(50hz)の場合に、その照明下で30fpsや60fpsでの撮影時に、フリッカーが気になる事がありました。

GoPro の場合、その対策として、撮影時の映像設定をPALに変更して、撮影時のフレーム数を25fpsや50fpsなど、50の倍数に変更する事によって、撮影時のフリッカー現象を抑える事が出来る様です。

アクションカム SJCAM SJ7 の概要

  SJ7
実勢価格 19,800円
撮影能力 4K30fps
防水機能
充電端子 mini USB
HDMI端子
画 角 166°
フリッカー対応
三脚ネジ穴
電池容量 1000mAh
サイズ  
重 量  
撮影可能時間[128GB]  
 4K30fps 5h39m
 FHD30fps 14h07

※実勢価格は2018年6月5日現在

※「GoPro Hero 6」を「GoPro 6」と省略表示しています。

※ハウジング使用時には防水対応になります。

手持ちの場合の手ぶれ防止にはジンバルが有効です

  FDR-AX45 GoPro 6 SJ8 SJ7 YI 4K
専用ジンバル Karma Grip SJ GIMBAL YI Action Gimbal
 実勢価格 40,251円 16,999円 21,691円
 バッテリー 2400mAh 4000mAh 850mAh
 三脚ねじ穴

※実勢価格は2018年6月5日現在

※SJ8で使用する場合には別途「Type C Cable」が必要。※2018年6月6日現在

※SJ8が発売された以降は「Type C Cable」も付属するようになりましたが、旧製品には付属していませんので、購入時には確認が必要です。

個別機種の「良いとこ・悪いとこ」

使っているうちに気がついた事を追記しています。

GoPro Hero 6

[✕]価格が高い。

[✕]他機種と比べると、音声が小さい音で記録されるので、ハッキリとした音声を記録したいのであれば、外部マイクが必要になる。

[○]本体にハウジングを装着しなくても、10mの防水性能がある。

[○]音声である程度の事は操作出来る。

SJCAM SJ8

[○]4K60fpsで撮影出来る機種としてはGoPro Hero 6に比べて価格が安い。※参照「アクションカムやビデオカメラの比較概要

[○]画像や映像の品質に対して比較的価格が安い。

[○]GoPro Hero 6 に比べて音量が充分で音質(ステレオ録音)が良い。

[✕]書き込み速度が特に速いSDカード(概ね80MB/S以上)しか使用出来ない。遅いカードを使うと40分ほど録画がしていると停止し「slow card」と表示される。一方、GoPro Hero 6 は30MB/SのSDカードでも問題なく録画出来る。

[○]圧縮効率の優れたH265で撮影出来るので、128GBのmicroSDカードを使った場合、7時間以上の撮影が出来る。ちなみにH264の場合には4時間ちょっと。

⇒ 推奨SDカード:TOSHIBA EXCERIA PRO 128GB

[✕]「ネイキッド フレーム保護ケース」が付属していない。

⇒ ネイキッド フレーム保護ケース

[✕]録画した日時より、SJ8の録画ファイルの日時が9時間先行する。

[✕]SJ8の設定でファイルサイズを20分に設定しても、実際には記録される映像ファイルは5分13秒になる。因みにSJ8のファイルシステムはexFATに対応している。※最大ボリュームサイズは256TB迄。

[✕]4K30fps 撮影しようとする場合、撮影時のエンコードをH265にアンドロイドアプリからは設定出来るが、本体側からは設定出来ない。

SCCAM SJ7

[○]最高解像度は4K30fpsで、体育館内で撮影(照明有り)では、ホワイトバランスが良く補正の必要は無い。

[○]microSDカードは本体の横から抜き差し出来るので便利。

[○]3段階の画角切り替えがで出来るので、被写体に依って使い分ける事が出来る。

[○]HDMI端子が付いているので、外部モニターに接続して映像や画像を確認する事が出来る。※2018年改良版ではHDMI端子が無くなりました(2018年6月現在)

SCCAM SJ7の最新ファームウエア

v1.22 2018年11月1日午後2時22分

⇒ SJ7 STARファームウェアver1.22 (ダウンロードサイズ:48.5MB)

Vemico

[✕]流石に価格が安い(4~5,000円)だけあって、4K30fpsで撮影しても、他の機種と比べると画質が悪い。(映像が荒く、色が悪い)

アクションカムの機種別のビットレート

  SJ8 SJ7 GoPro VEMICO
ビデオ
フレームサイズ 3840x2160
フレーム率[fps/s] 59.94 29.97 59.94 50.00 25.00 30.1
データ速度[kbps] 99888 58386 77580 85003 65944 24089
総ビットレート[kbps] 100016 58509 77766 85192 66133 24104
オーディオ
ビットレート[kbps] 127 123 185 189 189 15
チャンネル ステレオ モノラル ステレオ ステレオ ステレオ モノラル
サンプルレート[khz] 48.000 48.000 48.000 48.000 48.000 8.000
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。