gtag('set', {'user_id': 'USER_ID'}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。 LAN-DISK(NAS)とクラウドのコストや使い勝手の比較

LAN-DISK(NAS)とクラウドのコストや使い勝手の比較

PCに保管しているデータの管理を自宅に置いたLAN-DISK(NAS)で行うか、グーグルドライブ(Google Drive)やワンドライブ(One Drive)などのクラウドを利用して行うか悩むところですが、ざっとクラウド各社のサービス内容を参照して見みると、グーグルドライブ(Google Drive)とワンドライブ(One Drive)のコストパフォーマンスが高いので、このクラウドとのコストと利便性を比較してみました。

グーグルドライブ(Google Drive)のコストや特徴

グーグルドライブ(Google Dive)のコスト

グーグルドライブ(Google Drive)の無料登録を利用すると、「15GBが無料」で使えます。
容量を増やしたい場合にはオプションが用意されています。

  • 100GB $1.99/月額
  • 1TB $9.99/月額
  • 10TB $99.99/月額
  • 20TB $199.99/月額
  • 30TB $299.99/月額

※ファイルサイズの制限は1ファイル5TBまで。

グーグルドライブ(Google Drive)の特徴

  • Gmail で送受信した添付ファイルやメール メッセージはストレージを使用します。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで作成したファイルはストレージを使用しません。
  • Google フォトの設定により、高画質の写真や動画を無料でアップロードして保存できますが、元のサイズでアップロードするとドライブ ストレージが消費されます。

⇒ グーグルドライブ(Google Drive)のサービス内容

⇒ グーグルドライブ(Google Drive)の料金プラン

ワンドライブ(One Drive)のコストや特徴

ワンドライブ(One Drive)のコスト

ワンドライブ(One Drive)の無料登録を利用すると、「5GBが無料」で使えます。
容量を増やしたい場合にはオプションが用意されています。

  • 5GB 無料
  • 50GB 170円/月額
  • 100GB 190円/月額

ワンドライブ(One Drive)の特徴

OneDrive 1TB + Office 365 プラン 1274円/月額

  • Office アプリケーションは、2 台のPCとMacで新しい Office 2016 アプリケーションが利用できます。
  • 1 TB のオンライン ストレージ (OneDrive)
  • Skype から固定電話および携帯電話への通話が毎月60分無料。

⇒ ワンドライブ(One Drive)の料金プラン

⇒ ワンドライブ(One Drive)のサービス内容

NASの使用時間と電気料金

右の画像はこの試算表の対象となっているLAN-DISK(NAS)で、以前使っていたアイ・オー・データ機器社製のHDL-GT2.0という機種です。この機種にAPCの無停電装置を接続して運用していました。

このHDL-GT2.0はヤフーオークションで中古価格を調べてみると、2016/4/17の落札価格が8000円くらいでした。

データ保管に使用する機種はRAID5以上が使える機種を強くオススメします。

⇒ LAN-DISK

LAN-DISK(NAS)の使用時間と電気料金

この試算の料金プランは電化上手です。

LAN-DISK(NAS)の無停電装置を含む電気料金は、年間で約13,000円前後、月額で約1,080円前後になります。

更に、機器の故障時などの時には、修理代金やハードディスクユニットを交換する費用が必要になります。

⇒ 東京電力の料金プラン

フォルダを監視できる同期ソフト

クラウドと同じような使い勝手を求めるならば、同期ソフトは是非ともインストールしておきたいものです。

この同期ソフトも各社から出ていますが、ポイントはリアルタイムでフォルダーを監視する機能があるかですね。

Good Sync(グッドシンク)

無料版・PRO版価格3,500円

 

Good Sync(グッドシンク)の良い点

  • 競合した場合に少しでも新しい方を優先するオプションが有る。
  • 開発元の信頼性が高い
  • 無料版においても30日間は制限なくご試用できる。
  • 30日を経過した後でもジョブが3個までファイルが100個までなら使える。

⇒ Good Sync(グッドシンク)

⇒ 無料版とPRO版(3500円)の違い

Allway Sync(オールシンク)

無料版・25.95ドル(2800円)

 

Allway Sync(オールシンク)の悪い点

  • ホームページが英語

⇒ Allway Sync 64bit版

⇒ Allway Sync 32bit版

ばっちり同期2016

無料版・Basic版:1,836円・Premium版:4,104円・Business版:8,208円・
Ultimate版:10,692円

※リアルタイムでフォルダーを監視する機能があるのは「Business版とUltimate版」のみです。

ばっちり同期2016の良い点

  • 30日間機能制限なし
  • 30日間が過ぎでも基本機能が無料で利用できます。

ばっちり同期2016の悪い点

  • 価格が高い

LAN-DISK(NAS)とクラウドのコストや使い勝手のまとめ

自宅に置いたLAN-DISK(NAS)とワンドライブ(One Drive)の比較では、単純に月額比較に於いては200円弱ほどLAN-DISK(NAS)の方が安くなる。

コストのみの比較では  LAN-DISK(NAS)  ワンドライブ(One Drive)

しかし、機器のメンテナンスや故障リスクを考慮すると、200円弱ほどの差ではワンドライブ(One Drive)の方に軍配が上ががる気がする。

結局のところ、どこに重点を置くかによって選択が別れるのではないでしょうか。

?LAN-DISK(NAS)ワンドライブ(One Drive)
月額コスト1,080円1,274円
故障リスク有り無し

初期投資

8,000円

※中古の場合

無し
設置場所・管理有り無し
その他のサービス無し

Skype 通話毎月60分無料

Office アプリケーション

 

LAN-DISK(NAS) 容量1.5TB

電気代月額1,080円+同期ソフト3,500円+機器の修理代

 

ワンドライブ(One Drive) 容量1.0TB

月額1,274円+Office アプリケーション+Skype 通話毎月60分無料

※Skype 通話では110番や119番への発信不可

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました